クレジットカードの審査基準で気になるポイント

年収の基準はそれほど高くない?

クレジットカードは、学生でも作ることができます。キャッシング枠を付けるには働いている必要があり、未成年の人は親の同意も必要になりますが、ショッピング枠のみのカードを作るだけなら、学生や専業主婦でも作ることができます。しかし、社会人の人の場合、失業中の人は断られてしまう可能性があります。ショッピング枠も一種の借金なので、働いていて収入があるということが重要になります。カードローンほど年収の基準は高くないので、アルバイトをしていて一定の収入があれば大丈夫でしょう。

正確な情報を記入しないと審査に落ちる?

クレジットカードの審査に申し込みをすると、個人信用情報が閲覧されてしまいます。他社からいくらの借金があるかといったこともバレてしまいますので、申し込みでは嘘をつかないことが重要です。例えば、2社から合計50万円の借金をしているのに、申し込みの時には1社から10万円を借りているだけだと申告をしても、クレジット会社にはバレてしまいます。それどころか、嘘をつく人は信用ができないと思われて、審査に落ちてしまうこともあります。

過去のカードの利用履歴が重要になる?

個人信用情報には、過去のクレジットカードやローンの利用実績についても記載されています。過去に延滞を一度もせず、良好な利用をしているならば、審査で有利に働きます。逆に、延滞を何度も繰り返していたり、長期延滞をしていたりすると、審査落ちの原因になります。クレジット会社にもよりますが、過去1年以内に1回でも延滞をしていると、審査に落とすというところもあるようです。過去のことは仕方がありませんので、今後は延滞をしないように気をつけておきましょう。

クレジットカードの審査におけるポイントは、年齢や性別、勤続年数など様々ですが、最も重視されるのは勤め先の属性です。一般的に公務員が最も高く評価される傾向にあります。