パタンナーを目指すなら専門学校に行こう!

パタンナーとはどんな仕事?

パタンナーとは、シャツやスカートなどファッションアイテムの型紙(パターン)を作る人のことです。デザイナーが描いたデザイン画を、立体物としての服に仕上げるために欠かせない役割です。デザイン画をそのまま立体にできるとは限らないため、デザイナーと協力しながら服を作ります。生地・裁断・縫製に関する知識が必要で、職人的な仕事といえます。パタンナーになるための基礎を学ぶ場として、服飾系の専門学校に進学することがよくあるパターンです。

専門学校ではどんなことを学ぶの?

パタンナーを目指して服飾系の専門学校に進学すると、服作りの流れやファッション業界全般について学ぶことができます。服の型紙を作ることがパタンナーの役割ですが、ファッションアイテムによって工程や技術に違いがあります。また、近年ではコンピューターを使った型紙作りもあるので、デジタル環境での作業も学べるのが通例です。実践を重視する専門学校が多く、卒業が近くなるにつれてチームまたは個人による制作の時間が増えていきます。

パタンナーとしての就職に有利になる資格はある?

パタンナーの仕事は高度な知識と技術が求められます。そのため、専門学校を卒業してアパレルメーカーに就職したとしても、すぐにパタンナーとして活動できるとは限りません。しかし、就職に有利になる資格があります。まず紹介したいのは「パターンメーキング技術検定」です。知識と実技の両面で型紙作りの基礎を問われます。また、「CAD利用技術者試験」もおすすめです。これはコンピューターを使った型紙作りの技能を問われます。在学中にこれらの資格の取得を積極的に目指しましょう。

アパレル系に就職をしたいときには、服飾の専門学校に通うことです。高卒の人はもとより、大卒や社会人の人も珍しくありません。