ネットショップの決済にクレジットカードを使わなくなった理由

クレジットカードは確かに便利です

日常的な買い物や通販では、クレジットカードを利用するとポイントも貯まるので便利です。毎月の利用明細を確認することで使用している金額が分かり、家計簿を付けやすくなる利点があります。ネット通販を利用する際にも代金引換手数料を節約出来ることから、クレジットカードを積極的に活用することで手数料を節約出来るわけです。クレジットカードを利用する際には、使いすぎに注意が必要という面があります。家計簿を付けている家庭であれば管理出来ますが、何となく使っている場合には注意が必要でしょう。

デビットカードでも十分ではないか

クレジットカードと共に便利なものとしてデビットカードがあります。クレジットカードは借金に相当しますが、デビットカードであれば銀行の預金残高から即座に引き落とされることから、使いすぎの心配はありません。リアルタイムに引き落とされるので、利用明細は月別に管理出来て締め日の都合から月を跨いだ決済となるクレジットカードよりも家計管理がしやすくなるメリットがあります。通販サイトで利用する際には、クレジットカードと同様に使えることから利用者が増えています。

使い分けをして行きたい

クレジットカードとデビットカードは、通販サイトや店頭で利用する際に区別が付きにくい性質を持っています。クレジットカードはポイントが付くことから1回払いの買い物として利用する場合に得です。しかし、分割払いやリボ払いで利用する場合には金利手数料が掛かることから、付くポイントよりも金利が上回れば損をしてしまう可能性があります。ポイント還元に影響がなければデビットカードでも代用が出来てしまう点から、日常生活では使い分けをして行くと良いでしょう。

すぐに事業を立ち上げたい事業主に向いているのがリンク型決済代行サービスです。すでに出来上がったシステムを利用する形を取るため、誰でもすぐに即日利用可能ですが、当然細かなカスタマイズは不可能です。