大学進学にも向いたシステム!マイペースで学習可能

大学進学のための受験勉強

学習のしかたは人それぞれです。向いた方法、向かない方法があり、集団一斉授業では何ひとつ身につかないというケースもあるものです。人のペースに自分を合わせながら学習するわけで、そうしたことに慣れるのは人生勉強という観点からは大事でしょうが、義務教育の9年間でさんざんやってきたことです。大学受験という激しい競争の場面で、効率的な学習をするためには、自分に向いた方法で勉強することが大事です。効率最優先が求められるわけです。

独学が向いている人もいる

集団一斉授業と独学では、集団一斉授業のほうに信頼性があるようですが、実際問題としては、独学のほうが知識が身につく場合もあります。司法試験などがその典型です。司法試験の制度が変わり、集団一斉授業を受けると司法試験に受かりやすくなる制度になりましたが、以前のように独学で受ける道もわずかに残されています。独学で司法試験にパスした人への需要は極めて高く、新制度の司法試験で合格した人への信頼性はあまり高くありません。

自分に合った方法で学習する

通学制の高校で大学進学を目指す生徒は、自分で予備校に通うなり、家庭教師をつけるなりして、学校とは別の場面で本格的に受験勉強をしています。通学制の高校というのは、授業以外の時間がかなり多く、授業自体もあまり大学進学向きではないこともあります。高校卒業資格と大学受験資格を得るため、と割り切って通っている生徒も多いでしょう。通信制高校なら、受験勉強に専念できます。独学向きの生徒にはうってつけのシステムでしょう。

通信制高校とは、学校に週数回程度通うことと誰にでも分かりやすいテキストを使った自宅学習で高校卒業の認定を受けることが出来ます。年齢は問わないので、誰でもいつでも気軽にチャレンジする事が可能です。