初心者必見!?信用取引の具体的な取引方法

まずは投資商品を選ぼう!

日本国内で出来る信用取引は、大きく分けて3種類があります。その種類としては株式の信用取引、外国為替証拠金取引、そして商品先物取引です。株式の信用取引は、レバレッジが低いので一定の初期投資額が必要です。外国為替証拠金取引は、レバレッジは自分で選択できますので、自分にあった初期投資額で始められます。商品先物取引は、ハイレバレッジ商品が多いので、初期投資額は定額から始められます。三種三様の取引ですから、事前に自分なりに投資について勉強をしてルールを決めておきましょう。

口座開設をしていざ入金

投資商品の取引を行うには、その取引を行う金融会社に口座を開設する必要があります。銀行にお金を預けるときに口座を開設しますが、それと同じ事を行う訳です。口座開設には本人確認書類等が必要な点も、銀行の口座開設と似ています。現在ではインターネットからも口座開設を申し込む事が出来ますので、申し込みから1週間程度待てば口座が開設されるでしょう。口座が出来れば、そこに取引に使うお金を入金しなければなりません。この口座にあるお金が、取引の上限額となります。

取引は自分なりのルールに則って行う

信用取引だけではなく、金融の投資商品全般に言えることですが、ただ闇雲に投資を行っても利益を上げられるのはまぐれで予想が的中した時だけです。特に信用取引はレバレッジがかかている分、小さな値動きでも利益や損益が拡大しますので、取引を終わらせるタイミングはしっかりとした自分なりのルールが必要でしょう。また日中に仕事をしながら投資を行う事は、就業規約等で禁止されている可能性もありすし、のめり込み過ぎると相場が気になって仕事が手につかなくなるので注意しましょう。

信用取引のメリットとして、短期間のうちに高額の利益を得られるチャンスがあることや、ライバルが少ないことが挙げられます。